ミツウロコビバレッジニュース Vol.2 2012年10月

おいしさの秘訣は、“水”が重要です!水出しで作るアイスティー・むぎ茶 無洗米の美味しい炊き方

もうすっかり涼しいからと言って、まだまだ油断してはいけません!
夏の疲れが残っているからこそ、良質な水分補給を行い、体の中からきれいに、健康になりましょう!

水出しで作るアイスティーのおいしい作り方

  • STEP1

    『富士の宝物 バナジウム63天然水』1?にティーバッグ1袋を入れます。

  • STEP2

    冷蔵庫で約2時間冷やしてください。

  • STEP3

    よく色が出ましたら、ティーバッグを取り除いてください。抽出時間は茶葉やお好みにより加減してください。長めに置くとより濃く仕上がります。

熱湯で抽出し冷やした紅茶は白く濁ってしまうことがありますが、水出しなら、色も香りもGood!

水出しで作るむぎ茶のおいしい作り方

  • STEP1

    沸騰した『富士の宝物 バナジウム63天然水』を、むぎ茶のパックが浸る程度掛け、1分程蒸らします。

  • STEP2

    『富士の宝物 バナジウム63天然水』1ℓを加え、1時間冷やします。

  • STEP3

    1時間経ったらむぎ茶パックは取り除いてください。

抽出時間は茶葉やお好みにより加減してください。
2時間程度でパックは取り出してください。
*渋みや苦みなどの雑味が出てしまうため、パックを長時間浸さないようにしましょう。

ひと手間加えるというより、お湯を沸かしたり、冷ましたりなどの手間を省き、今までより一層おいしく仕上がります。
その他アイスコーヒーや水だし緑茶なども大変まろやかで、口当たりすっきりとした美味しいお飲み物が手軽に出来上がります。これは「富士の宝物バナジウム63天然水」がおいしい天然水〈軟水〉だからです。ぜひお試しください!!

無洗米の美味しい炊き方

  • STEP1

    無洗米に富士の宝物バナジウム63天然水を入れ、軽く1-2回混ぜます。お米はいちばん始めの水を吸収します。

  • STEP2

    水加減は少し多めにし、しばらく浸します。
    美味しい「富士の宝物 バナジウム63天水」を充分に吸わせて下さい。

    • ※夏場30分以上浸け置 冬場1時間以上浸け置き
  • STEP3

    炊き上がり、蒸らし終えたら軽く混ぜてください。つややかで甘みのある、美味しいご飯の出来上がりです。

美味しくお米を炊くには、“水”が重要です。
無洗米なら水道水を使わず炊けるので、お子様にも安心ですね♪
つややかで甘みのある美味しいご飯が出来上がります。

毎日おいしくお水をご利用いただくために

ウォーターサーバーのお手入れを定期的に行ってください。
ウォーターサーバー内部は高温循環機能が備わっている為、常に衛生的に保たれておりますが、安心安全にお使いいただく為に、日々のお手入れを必ず行ってください!
お手入れの際は手を洗ってから行いましょう。

1.バッグインボックスとの接続部分(コネクター部)

お水を交換する際は、コネクター付近の水をキッチンペーパーで完全に吸い取ってください。
接続部付近に水がたまっていたり、汚れが付着したままにすると雑菌が繁殖するおそれがあります。
お水の交換時は、異物などが入らぬよう速やかに行ってください。
すぐに取り付けを行わない場合、または長時間バッグインボックスを外したままとなる場合には、食品用ラップなどで覆ってほこりやゴミが入らないようにします。
長時間お水の設置を行わない場合は、水抜きをして、電源プラグをコンセントより抜いてください。

  • ※水抜きの方法は取扱説明書をご確認ください。

2.給水口部分のお手入れ

ノズルキャップは、本体から左に回して外し、歯ブラシや綿棒などを使用して洗います。
ノズルキャップを外した出口部は、アルコール除菌剤を含ませたキッチンペーパーで、内側・外側ともふき取ります。

  • ※奥の方まで差し込むと、湯・水が出る場合があります。

ノズルキャップを元の位置に取り付けます。出口部周辺もアルコール除菌剤で掃除をします。

3.外装部のお手入れ

やわらかい布に台所用中性洗剤を含ませて汚れをふき取ってください。
中性洗剤以外の洗剤や、クレンザー、シンナー、ベンジンは絶対に使用しないでください。
また、スポンジ・タワシ等の使用はおやめください。
受け台は取り外し、お掃除後元にもどしてください。

4.背面放熱部のお手入れ

このお手入れをする際は、必ずウォーターサーバーの電源プラグをコンセントから抜いた状態で行ってください。

裏面は放熱部となっています。
壁面に密着させたり、ほこりが付着すると冷却効果が下がり故障の原因になります。
やわらかなブラシや掃除機などで定期的に掃除し、ほこりなどの汚れを取り除いてください。

お手入れ後は、ウォーターサーバーの電源プラグをコンセントに差し、[温水切替]ボタンを3秒押して温水ヒーターをONにしてからご使用ください。
高温循環・省エネ設定を行ってください。

HS-500BBサーバーをご利用の場合〈タッチパネル部が下記のウォーターサーバー〉

給水口部分の取り外しはできません。
〈ノズルキャップが付属されていません。〉

出口部を、アルコール除菌剤を吹きつけたキッチンペーパーで、内側・外側ともよくふき取り、掃除を行ってください。

給水口部分以外は上記のウォーターサーバと同様にお手入れください。
温水ヒーターのスイッチは【タイマー スタート/ストップ】ボタンとなります。